給付金請求の流れ


B型肝炎の給付金を請求するための簡単な流れを紹介しましょう。まずは資料を収集することになります。自分が給付金を支給される条件を満たしていることを証明するための資料が必要となるのです。その際には医療機関や行政機関に問い合わせをしなければいけないこともあります。しっかりと必要な資料を集めておかないと給付金を請求できなくなるかもしれないのです。

裁判所資料を集めたならば訴訟の提起をします。裁判所に対して必要な書類を提出するのです。そして、国との和解が成立すれば、給付金を受け取ることができます。それぞれの症状や病状に応じた給付金を受け取れるのです。この内容については和解調書にしっかりと記されており、裁判所が作成してくれます。そして、この書類を社会保険診療報酬支払基金に提出することになります。そうすれば、決められた給付金を受け取ることができるのです。

このような流れとなっています。訴訟をするといっても、基本的には給付金を受け取れる資格があるかどうかを判断されるだけです。そのため、個人で訴訟をしたとしても、弁護士に依頼をしたとしても、受け取れる金額は変わらないでしょう。ただし、きちんと資料を集めておく必要があるため、個人では難しいケースもあります。

 

弁護士に相談する

B型肝炎の給付金については個人で訴訟をして手続きを進めることもできるのですが、弁護士に任せた方がよりスムーズで確実に給付金を受け取ることができるでしょう。弁護士に依頼するメリットはたくさんあるのです。

弁護士給付金を受け取るためには受給要件を満たしていることを証明するための資料の収集や調査が必要となります。これらは個人で行うには負担が大きくなってしまうでしょう。また、失敗ガ許されないことでもあります。資料に不備があれば給付金を受け取れなくなることがあるからです。正確に必要な資料を集めるためにはプロである弁護士に任せておいた方が良いでしょう。たとえば普段は仕事をしていて時間を捻出することができないという方もいるのです。そういう方にとっては、弁護士にすべてを任せてしまった方が確実なのです。

弁護士費用については、国が一部を負担してくれます。そのため、弁護士にかかる費用についてもあまり心配する必要はありません。大部分の給付金はそのまま受け取ることができるのです。それならば弁護士を雇っておいた方が確実に給付金を受け取ることができるでしょう。本人が申立をしたからといって、裁判所が甘く見てくれるわけではないのです。