B型肝炎の給付金


B型肝炎という病気があります。こちらは感染症であり、集団感染してしまうこともあります。ただし、普通に生活をしていたのでは感染することはほとんどないでしょう。しかし、日本ではかつてB型肝炎の集団感染が起きたことがあるのです。

昔、日本では集団予防接種の際に注射器が使い回されていたことがありました。これによって、血液感染してしまい、B型肝炎の患者が広まってしまったということがあったのです。長期間にわたって注射器の使い回しが行われていたため、感染者はかなりの数がいます。二次感染してしまう病気であり、親が感染していて、それが子供にまで感染ってしまったというケースもあるのです。

注射器注射器の使い回しというのは行政のミスであり、国に責任があることです。そのため、被害者は集団訴訟をして、国と戦いました。その結果として、この問題は決着されて、国が給付金を支給することになったのです。裁判をして手続きをすることによって、給付金を受け取れるようになりました。

しかし、今でもB型肝炎の給付金請求をしていない方はたくさんいます。給付金を受け取れる権利のある方であっても、給付金請求をしていないケースがあるのです。給付金請求については期限があるため、早めに行動するべきでしょう。こちらではこれからB型肝炎の給付金手続きをしたい方のために、どのように手続きをすれば良いのか、そのための方法について紹介しましょう。ぜひとも参考にしてください。